ラバーキャストとは、鉛と錫を主成分とした比較的融点の低い合金を溶かし、ラバー製の型に遠心力を使って流し込む鋳物製法の事です。
鉛と錫の配合によって素材の剛柔の調整が可能で、複雑な形状の鋳物や硬度の高い鋳物の製作出来ます。
もう一つの特色として型がラバー製のため、よく比較対象になる金型成型に比べ型代が安く、少ない数量での製造が可能です。
※製作上、基になる原型になるものがない場合はその原型を作成する必要があり、別途「原型代」がかかります。

製作工程
1、原型製作
原型がない場合、デザインなどを基に原型を作成する。製作は基本的に手作業です。
2、型製作
1で作った原型、もしくは元々ある原型を、ゴムやシリコンの型に押し込み、
形状を写します。
3、鋳造
溶解した合金を、2で作成したラバー型に流し込ませます。その後型を回転させ
合金を型の隅々まで行き渡らせます。
4、仕上げ
用途に応じて、表面の磨きやバリ取り、メッキ加工を施します。

 
下記が弊社で製作しているラバーキャストの一例です。ご参照ください。

商品名:飛行機型パーツ CT106
    金メッキ 
    サイズ:約16X23X4.2mmt

参考単価
ラバー型代(参考価格)   
         8,000円(税抜)
100個未満       
        1万円(一式/税抜)
100個〜300個未満    
          @100円(税抜)
300個〜500個未満     
          @60円(税抜)
500個〜          
          @45円(税抜)
※原型代は個体差がありますので、
お見積りの際にご提示いたします

商品名:連バーパーツ CT540
   金メッキ
   サイズ:約31X29X1.5mmt

参考単価
ラバー型代(参考価格)   
         8,000円(税抜)
100個未満       
      14,000円(一式/税抜)
100個〜300個未満     
          @140円(税抜)
300個〜500個未満    
         @100円(税抜)
500個〜          
          @80円(税抜)
※原型代は個体差がありますので、
お見積りの際にご提示いたします。
 

小ロットで金属製品をご要望のお客様、ぜひご要望の商品を情報をご提示ください。
数量などの詳細も合わせていただければお見積もりをさせて頂きます。
お問い合わせはこちらまで。